日本は「ストレス社会」と言われています。普通に生活しているだけで、多くのストレスを感じています。ストレスの度合いは、性格や生活環境によって変わりますが、まったく何のストレスもないという方はほとんどいないのではないでしょうか。
ストレスを感じることで交感神経が強く働きます。
交感神経が強く働くと、筋肉は硬くなり、血行を悪くします。
血行が悪くなってしまうと、新陳代謝が悪くなり老廃物の流れが悪くなります。
新陳代謝が悪くなると、休息をとっても疲れが取れにくくなります。
疲れが取れないと、仕事などでのパフォーマンスが悪くなり、ストレスを感じます。
ストレスを感じることでこのように悪循環に陥ってしまいます。
交感神経が強く働き、自律神経が乱れることによって心と体に様々な症状が現れます。
心に現れる症状としては、イライラ・落ち込み・不安・集中力の低下などです。
体に現れる症状として、頭痛・胃痛・下痢・便秘・不眠そして肌荒れです。
あなたの今の肌荒れの原因はストレスかもしれません。
ストレスを解消し、肌荒れを治してあげましょう。

好きな音楽を聴く

ストレス解消法に音楽を聴くことは有名ですよね。リラックスしようと、無理にヒーリング効果のある音楽を聴かなくてもいいのです。自分の気分にあった音楽を聴くといいでしょう。音楽を聴く際にヘッドホンを利用すると効果的なようです。

香りでリラックス

香りによってリラックス効果は変わります。例えば「ラベンダー」は鎮静作用があり、気持ちを静めてくれ、「カモミール」は甘い香りでリラックスさせ、安眠効果に優れています。「ユーカリ」は刺激の強い香りで集中力を高めてくれます。

ウォーキング

外を歩くことで強く働いていた交感神経を弱めてあげることができます。この時、速足で歩くのではなく、ゆっくりと深い呼吸で歩きましょう。外の風を浴びるだけでも気分は変わると思います。まず、外に出てみることから始めましょう。

ストレスにカフェインやニコチンはNG

イライラするとコーヒーを飲んだり、たばこを吸ったりしてしまう方いますよね。カフェインやニコチンは強い刺激になり、さらにストレスは増えます。
また、眠れないときにアルコールを摂取するのもよくありません。これは一時的なリラックスにしかならず、体内で分解されるときには、交感神経を刺激しストレスの要因になります。
自分に合ったストレス発散法を見つけ、うまくストレスと付き合っていくことができれば、肌荒れもよくなるかもしれませんね。