美肌を作るためにビタミンCを摂取したり、カロリーを気にしてみたりと、食事に気を付けてる方は多いのではないでしょうか。美肌を作るために食事に気を付けることは大事ですが、もっと大事なのは「睡眠」なのです。
人は睡眠中に体の修復を行います。修復は成長ホルモンによっておこなわれます。成長ホルモンが多く分泌されるのは眠りについてから3時間と言われています。成長ホルモンが分泌されることで、肌のハリには欠かせないコラーゲンの合成を促進し、また細胞の再生にも関わってきます。また起きている時に脳に集中している血液が、寝ている時は体中に行きわたり栄養を運んでいます。体中に栄養を運ぶことで1日の疲れを癒します。また体中を血が巡ることで老廃物を流し、血行が良くなり、肌のターンオーバーがおこなわれます。体の修復にかかる時間は約6時間と言われています。
睡眠不足になると、肌荒れや顔のむくみ、目の下のクマに頭痛や体のだるさなどの不調が現れるのは成長ホルモンの分泌がうまくいかなかったり、十分に血液が巡らなかったことが原因となっています。

肌のゴールデンタイム

10時~2時は成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムというのをよく耳にしますが、実際10時に寝るのはなかなか難しいですよね。これは昔の生活を基にした話で現代では0時~0時半の間までに寝ればいいと言われています。
人には体内時計があり、朝になれば目が覚め、夜になると眠たくなるようにできています。この体内時計が狂ってしまうと成長ホルモンの分泌が十分にできなくなってしまいます。
体内時計を正確にするためにも、毎日同じ時間に眠りにつけるように心がけましょう。

寝る前の行動が大事

眠りについてから3時間までに成長ホルモンは多く分泌されます。この3時間の間をどれだけリラックスできるかがとても重要になってきます。寝る直前までパソコンやスマートフォンを見ていると、脳がいつまでも寝る準備に入れず、寝つきが悪くなってしまいます。理想は、寝る1時間前から部屋を暗くし、静かに過ごします。そうすることで、脳が眠る準備に入ることができます。できれば、カーテンを遮光タイプにし、外からの明かりをシャットアウトし、睡眠に最適な環境がつくれるといいですね。

睡眠のサイクル

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を交互にしています。サイクルは1時間半で繰り返されているので、睡眠時間の目安は1.5の倍数でとるといいでしょう。
また、起きるタイミングは眠りの浅いレム睡眠に合わせると気持ちよく起きることができます。目安は3の倍数の睡眠時間ということになります。朝起きたら、まずカーテンを開け太陽の光を浴びましょう。太陽の光を浴びることで乱れていた体内時計がリセットされます。
レム睡眠とノンレム睡眠の時間は個人差があり、サイクルは必ずしも1時間半ではありません。
最近では睡眠を記録してくれる機器もあるので、そういったものを利用し、自分にあった睡眠サイクルをきちんと知り、適切な睡眠時間をとれるといいですよね。

質のいい睡眠で心も体もお肌もリフレッシュし、健康的な毎日を過ごしましょう。