思春期に入ったころからできるニキビ。誰もが悩んだ経験があると思います。
ニキビを作らない為に一生懸命洗顔をしても、ある日突然ニキビはできています。
ニキビは何故できてしまうのでしょうか。

ニキビのメカニズム

肌がオイリーだからニキビができやすい。逆に乾燥肌の人はニキビができにくいと思っていませんか?もちろん、肌質によってニキビのできやすい・できにくいはありますが、オイリー肌でも乾燥肌でもニキビはできます。
ニキビができる原因は、皮脂が毛穴を塞いでしまうことです。毛穴に皮脂が溜まっている状態が白ニキビ、毛穴の中でアクネ菌が繁殖し炎症している状態が赤ニキビです。
アクネ菌という言葉聞いたことがあると思いますが、アクネ菌は常に皮膚の表面上にいる「常在菌」です。このアクネ菌がいなくなれば、ニキビができなくなると思われがちですが、アクネ菌がいることで肌の健康状態が保たれます。アクネ菌がすべていなくなってしまうと他の菌が繁殖してしまい、別の肌トラブルがおこってしまいます。
アクネ菌は毛穴にたまった皮脂を好み、繁殖します。毛穴に残った余分な皮脂を綺麗に取り除くことが大事です。しかし、取り除きすぎてはいけません。毛穴の皮脂を取り除きすぎると、肌が余分に皮脂を分泌してしまい、結局ニキビができてしまうので注意しましょう。
ニキビの原因は、アクネ菌だけではありません。
ストレスや不規則な生活を送っていることでホルモンバランスが崩れニキビができてしまいます。
ニキビのメカニズムは複雑で、様々な原因が重なりできてしまいます。人それぞれ原因も違えば対処も違ってきます。ニキビが慢性化してしまっている場合は皮膚科など専門家に診てもらい、適切な処置をしましょう。

大人ニキビ

思春期にできるニキビとは違い20代過ぎてからできるニキビは非常に厄介です。あごの周辺にできやすく、治りにくくて跡も残りやすいです。これは、食生活の乱れや睡眠不足など生活が不規則になると悪化しやすくなります。特に、睡眠不足になってしまうとニキビ以外にも様々なトラブルがおこりやすくなるので、気を付けましょう。

ニキビは突然できるわけではない

朝起きると突然できているニキビ。でも実は、突然できているわけではなく長い準備期間を経てできているのです。詰まってしまった毛穴の中で炎症を起こし、まるで爆発をしたかのように皮膚の表面に現れます。表面に現れたニキビを治すことは容易ではありません。準備期間があるということは、ニキビを予防することも出来るということです。
日頃から規則正しい生活、正しいスキンケアをし、ニキビのない綺麗な肌を保ちましょう。